主に18禁PCゲームの語り場

18禁ゲームやエロゲーについて、大いに語りませんか?
主に18禁PCゲームの語り場 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  バルドスカイ ゼロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バルドスカイ ゼロ

バルドスカイ ゼロ

torrent トレント TORRENT

おもしろ度:★★★★★★★★★☆



遠距離攻撃最強説があります。
近距離は強いけど、結局最後まで持たない。
攻撃くらい過ぎ!!・・・でも一昔前のゲームって感じで面白い。
絵は前作より綺麗かもしれない。
笑いもありで面白いです!

関連ページ

関連ページ

彼が目覚めた時、そこは仮想の戦場だった。
「おいこら! そこの野郎! まだ死んでねぇなら返事しろ!」
呼びかける乱暴な女性の声に顔を上げると、そこには人型の巨大な戦闘兵器 “シュミクラム” の姿があった。
顔は見えないが、口調に反してさぞや美人だろうと思われる声をしている彼女 (シュミクラム)。
その背後に現れた敵 (ウイルス) を目にした彼は、とっさに自身もシュミクラムに移行 (シフト) していた。

咲良と名乗った少女 (シュミクラム) と共にウイルスの攻撃を退けた彼は、ひとまず行動を共にすることに。

そして、なぜか州政府軍に追われていた一人の少女を目撃し、咲良を巻き込みこれを助ける。
「あ、ありがとう! じゃあねっ!」
礼を言い走り去る少女を見送り、仮想から離脱しようとしたその時、ふと彼は咲良に告げる。
「俺、自分の名前も何も覚えてない」
「何ぃぃぃぃぃぃぃぃ!?」

次に目覚めた時、彼は見たことのない部屋の中でベッドに横たわっていた。

そこはどうやら現実世界。 そこに現れた口調とギャップの激しいヤマトナデシコな外見の少女が、先程のシュミクラムの声の主・咲良だった。
彼女は自分が 『フェンリル』 という傭兵部隊の分隊 『スコール』 に所属しており、ここはその基地の一室であると言う。

東南アジア州 (SAS) と呼ばれる、現実と仮想の双方で隔離された州 (くに)。
目的を変えながらいつまでも続く、終わりのない戦争。
自身を取り巻く状況を知った彼は、残された唯一の事実―― シュミクラムによる戦闘技術で生きてゆくため、悪名高き 『フェンリル』 への入隊を志願する

関連ページ

エロゲー関連

アダルト動画・アダルトゲームのレビュー

スポンサーサイト
[ 2013年10月01日 16:05 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。